男性のブラジリアンワックス脱毛・ SHR/IPL脱毛・3種混合トリプルMIX脱毛等の脱毛メニューが充実

完全予約制080−4022−0375営業時間13:00〜23:00(最終受付21:00)/木曜定休
  • Waxing Linda LINE@
  • Waxing Linda アメーバブログ
  • Waxing Linda Facebook
  • Waxing Linda Instagram

SHR/IPL脱毛

SHR/IPL脱毛とは

SHR/IPL脱毛機材

SHR(Super Hair Remover)・IPL(Intense Pulse Light)2つの光が同時に照射。
蓄熱式法で、毛包に微弱な熱を加え、毛包部分を熱凝固します。
そのため発毛の抑制ができるため、産毛や金髪にもしっかりアプローチできます。
同時に黒い毛に反応するIPLの光で太い毛にしっかりアプローチできるので、これら2種類の光を搭載したマシーンで、尚且つお痛みを感じにくく、お肌に優しい。
-4℃の冷却ヘッドで、冷やしながらのスピード脱毛が可能です。
それに加え、ワックス脱毛と併用することにより、古い角質を除去しながらも、お肌に良い15種類の成分が入ったジェルで同時にイオン導入ができるため、気になる黒ずみに対して美白にも期待ができます。
今までの光脱毛やレーザー脱毛では色素沈着部位等、日焼けした肌には照射できないというのが一般的でしたが、当店のSHR脱毛は黒い毛をターゲットにした脱毛だけではなく、肌の中に微弱な熱を蓄積させ毛包をターゲットにした脱毛も可能なので、毛周期に関係なく、日焼けした肌、産毛などにも効果がございます。
※但し日焼け直後や、皮膚が剥離しているお客様は皮膚の状態が完全に回復をしてからのご予約で賜ります。
当サロンでは、ワックス脱毛の技法に加え、SHR脱毛マシーンの導入に更なる進化を遂げようとしております。一度は小さな範囲でお試し下されば幸いです。
その他禁忌事項を事前にご確認の上、ご予約をお待ち申し上げております。

トリプルMIX脱毛

※当サロンの光脱毛は、美肌ジェルの同時導入照射をサービスでお付けさせて頂いております。

毛の構造について

※当サロンの光施術をご希望のお客様はボディーシェービングはサービスさせて頂きますが
こそばゆい部位のあるお客様はその部位のみご自宅にて、ご自身でシェービングをお願い致します。

  • 毛の構造メカニズム図
  • 毛の構造メカニズム図
  • 毛の構造メカニズム図
  • 毛の構造メカニズム図

毛の構造

毛の成分の90%がケラチンというタンパク質で構成されています。
表皮から上の部分を「毛幹」表皮より下の部分を「毛根」と呼び、毛根部の一番下の膨らんだ部分は「毛球」といいます。
この先端部にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させています。

脱毛原理

光は黒色に反応し熱を発します。これは自然界のルールです。
この性質を利用し、光を毛の中のメラニン色素に反応させ、熱を発生させます。
その熱が毛を伝わり、発毛組織を温めます。
毛乳頭に熱が伝わることで、発毛組織を温め熱凝固することで成長できなくなった毛はやがて2週間ほどで自然に抜けます。

毛周期

毛の生え変わりのサイクルの事を「毛周期」と呼びます。
このサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」の3つのサイクルで生まれ変わりを繰り返しています。
「成長期」・・・毛乳頭と毛が繫がり、皮膚の表面に毛が現れ一番活発に成長している時期。
「退行期」・・・皮膚表面には出ているが、毛乳頭と毛が離れて、抜け始めている時期。
「休止期」・・・毛が抜け落ち毛乳頭が栄養を蓄えている時期。
※頭髪以外の毛の場合、皮膚表面に見えている毛は全体の約30%です。
光脱毛のターゲットは毛乳頭に効率よく熱を発生させられる、毛と毛乳頭がつながっている成長期の毛です。
成長期の毛は全体の5%~15%です。これが1回の施術で処理できる毛の割合です。
「脱毛は1回では終わらない」という理由はここにあります。
単純に計算すると、5~15%×7~20回=100%
もちろん個人差はありますが、平均12回~15回(2年~2年半)のお通いが必要です。
毛周期は部位によって異なりますが、順調に効果を出すために、はじめは1~2か月を目安に照射。
お客様の毛量や皮膚の状態を考慮し調節していきます。

(お通い方の例・SHR脱毛の場合)*個人差あり

★1~6回目

来店ペース:1か月
照射後2週間ほどで毛が抜け落ちます。
その後3週間目~1か月目に眠っていた毛が生えてきますので、生え揃った時が次の照射のタイミングです。

★7~10回目

来店ペース:1か月
照射後2週間ほどで毛が抜け落ちます。
その後3週間目~1か月目に眠っていた毛が生えてきますので、生え揃った時が次の照射のタイミングです。

★7~10回目

来店ペース:1か月半
生えてくる毛量も少なくなり、1か月ではなかなか毛が生揃わなくなります。
生え揃うタイミングに合わせて来店間隔を空けていきます。

★11~15回目

来店ペース:2か月
毛質軟毛になり、光をかざすと見える程度になります。
この時点で終了される方がほとんどです。

最速最短の効果ごご希望のお客様は、トリプルMIX脱毛(スーパーショットプレミア)お通いは6週間に一度を1~2回
その後SHR/IPL脱毛のスーパーショットプレミアを1回、その後はメンテナンスで様子を見て気になる部位が出てきましたらご来店ください。
尚その場合十分な毛の長さのままご来店ください。
ワックス脱毛をご希望のお客様は、1センチ以上毛がある状態でご来店ください。
ご来店周期は6週間に1度定期的な御来店をオススメします。

● 当サロンは、コース契約や、月払い制度を設けておりません。

お客様の毛質により、3~5回のご来店で満足される方もおられるかもしれません。
WAX脱毛も同時にできることから、毛が抜けるまでの期間のストレスが軽減されると同時にワックス処理では、光で照射禁忌部位である、粘膜部位の脱毛も兼ね、丁寧な繊細処理を得て無痛SHR脱毛(毛包部に微弱な熱を与え減毛効果を発揮)IPL光脱毛で毛穴に残っている毛に対して攻撃することで光脱毛だけの施術に比較すると早く効果を発揮します。
脱毛後はつるつるの肌質で、ざらつきはありません。
当サロンのオススメはトリプルMIX脱毛です。
ご予算の関係上、今回光にしたり、、痛みの苦手なお客様には、光で毛を細くしていきながら、ワックスに変更したり、トリプルミックス脱毛をしたり、お肌の状態や毛の生育状態を一緒に観察しながら相談し、綺麗のお手伝いをさせて頂きますね。

禁忌事項

当サロンで行う施術はフラッシュ方式を用いております。
下記の禁忌事項のうち、いずれか該当する場合、注意事項をお守りいただけない方への光施術は原則として行うことができませんので、ご了承ください。

  • 光脱毛禁忌とされている方、光エステ禁忌とされている箇所
  • 体調不良の方
  • 美容、医療機関での注射前後1週間以内の方
  • ご病気で通院中の方は医療機関同意書をダウンロードし、コピーして医師の同意をもらって来て頂けますようお願い致します。
  • 感染病、その疑いのある方
  • 光線過敏症、てんかんの方
  • 過度の日焼けをされている方、2週間以内に日焼けの予定がある方
  • 2ヶ月以内に除毛クリームを使用されている部位
  • 美容整形部分や金属などが入っている部分
  • 血管腫
  • 刺青、アートメイク(周囲3cm以内)
  • 眉毛、髪の毛
  • デリケートゾーンを脱毛される方は清潔な状態でご来店ください。
  • あくまで、健康な方に対して行う光脱毛です。該当部位に関しましては当サロンでは責任を負いかねます。

光脱毛期間の注意事項

※髭光脱毛をご希望のお客様は必ずご来店前に電気シェーバーでのシェービングをしてからの来店をお願いいたします。
※ボディ部位の光脱毛に関しては、こちらで処理させていただきますが、その際のトラブルに関しては、お客様の責任となります。ご了承ください。(但しシェービングにお時間を要しますので早くお帰りになりたい方はご自宅での処理をお願いいたします)

安全に光脱毛を受けていただくため、以下のことをお守りください。

  • わきの脱毛施術当日の制汗剤は避けてください。
  • 脱毛当日は、過度の運動やマッサージで汗をかく行為や飲酒はしないでください。
  • 高い温度でのシャワー石鹸やボディータオルなどでの擦り洗いはさけてください。
  • 毛抜きでの処理をしないでください。
  • 肌の保湿をしっかり行ってください。なお、油膜により照射後の熱の放出が妨げられることを防ぐため、脱毛当日の保湿は油分の含まれていない水溶性の保湿剤を使用してください。(サロンにご用意がございます・¥7200・税抜)
  • 肌に刺激のあるマッサージなどは最低1週間は避けてください。
  • 万が一、脱毛後に痒み・ひりひり感を感じた場合、サロンケア用品を塗布した上、冷やしタオル等で鎮静してください。

美肌ジェル

アロエベラ葉エキス・ クズ根エキス ・ クロレラエキスの3つの植物性エキスをバイオ技術を用いて配合した美肌ジェル

冬場はポカポカ温めたジェルで施術♪

アロエベラ葉エキス・クズ根エキス・クロレラエキスの3つの植物性エキスをバイオ技術を用いて配合することでプラセンタエキス様作用が期待できることから植物プラセンタと呼ばれています。

当サロンでの光脱毛で使用するジェル(日本国内産)は、3つのコラーゲンと3つのヒアルロン酸・15種類の植物由来の美容成分配合。
15種類の成分をイオン導入しながらサイズの異なる3つのコラーゲンとヒアルロン酸がトリプル効果でお肌に潤いを与え,炎症を抑える効果があります。

それらは光メニュー全てにおいてサービスで付けさせて頂いております。

3つのコラーゲンの特徴

〇 水溶性コラーゲン(アテロコラーゲン)お肌の表面に潤いを与え、キメの整ったみずみずしいお肌へ。
〇 加水分解コラーゲン(肌の奥まで成分が届く浸透性が特徴です)
〇 サクシノイルアテロコラーゲン(肌に浸透し水分量をアップ。お肌を弾力のあるピュア肌へ。

3つのヒアルロン酸の特徴

☆ ヒアルロン酸Na(1gで6リットルの水分を保持できる強力な潤い成分でみずみずしいお肌へ。
☆ アセチルヒアルロン酸Na(通常のヒアルロン酸の1/10サイズ・お肌へのなじみがよく、潤いをたっぷりと与え、柔らかな肌へ。
☆ 加水分解ヒアルロン酸(通常のヒアルロン酸を1/100サイズにしたナノ・ヒアルロン酸。お肌の角質層まで浸透し、内側から潤いのあふれる肌へ。

●15種類の美容成分

アロエベラ葉エキス

アロエベラ葉エキスには200種類以上の有効成分が含まれています。肌の潤いを保つ働きや肌を引き締めるなどの効果があることがわかっています。

クズ根エキス

漢方生薬「葛根」としても有名です。チロシナーゼ抑制による美白効果と、高いコラーゲン合成促進作用が注目されています。

クロレラエキス

保湿効果に優れています。川や湖沼、湿地などに生息している淡水生のプランクトン(淡水生単細胞緑藻類)です。成長が早く、細胞分裂が通常の野菜の 2倍。その源がクロレラ独自に含まれるクロレラ成長因子であるといわれています。クロレラ成長因子はアンチエイジングなどに高い効果が期待され、まだまだたくさんの機関が研究を続けています。

ノイバラ果実エキス

ノイバラ果実エキスは漢方でエイジツと呼ばれているところから、エイジツエキスとも呼ばれています。美白や肌荒れ防止を目的にしたスキンケア商品に配合されることが多いノイバラ果実エキスですが、 2017年に POLA ORBIS OLDINGS がたるみの原因 CR(皮膚支帯)成分減少を改善する成分がノイバラ果実エキスにあると研究発表商品化した注目の成分です。

ワレモコウエキス

バラ科植物のワレモコウの根や茎から抽出されたエキスです。ワレモコウエキスは刺激が少ないことから、ベビーローションなどにも配合されている成分です。近年、資生堂がワレモコウから筋細胞を賦活化する効果を見出し、表情筋の機能低下を防いで肌のたるみを改善するだけでなく表情が豊かになり、肌を若々しく、美しく見せる笑顔も作りやすくなることが期待できると発表しています。

アロエフェロックス葉エキス

メラニン色素を生成するチロシナーゼ酵素の働きを阻害するとされ、 美白化粧品やエイジング化粧品に配合されています 。発毛に関わる酵素5αリダクターゼを阻害する働きもあるとされています 。アントラキノン類のアロエシン、 アロイン 、 アロエエモジンなどには抗炎症作用が認められており 、 脱毛後の皮膚のほてりを改善します 。また、 アロエチンやアロエシンは抗菌作用や殺菌作用があり常在菌の繁殖を抑えます 。森永乳業が発見したアロエステロールという成分は食べることでコラーゲンを増やす働きがあることがわかり 、 研究が続けられています。

オタネニンジンエキス

高麗人参、朝鮮人参とも呼ばれ、2000年以上にもわたって漢方医学の中心で薬として使われ、 17もの効用があるといわれています。有効成分は「ジンセノサイド」というサポニン群で約30種類の有効成分の集まりです。複数の有効成分が相乗効果を発揮し、たくさんの効用を生み出しています。

シャクヤク根エキス

婦人病によく使われる漢方です。混合肌やオイリー肌のスキンケア商品に配合が多くみられます。2013年ポーラ化成工業株式会社が太陽光エネルギーの約 30 %を占め、紫外線よりも高い割合で真皮に到達する 【 近赤外線 】 の影響によって、肌のハリや弾力に悪影響を及ぼす真皮線維芽細胞のコラーゲン分解酵素が紫外線による影響よりも遅れて増加することを発見しました。この近赤外線によるコラーゲン分解酵素増加を防ぐ作用がシャクヤクエキスにあることを見出し、紫外線ダメージを防ぐアプローチだけでは防ぎきれなかった肌悩みに貢献することが期待されます。

クララ根エキス

噛むとくらくらするほど苦いというところからこのように呼ばれるようになったといわれています。注目は肌をモチモチにすることができるところです!肌がモチモチでみずみずしい美肌となるには一般的にコラーゲンを積極的に摂取すればよいと考えられています。実はコラーゲンを大量に摂取しても、エラスターゼという酵素がある限りコラーゲンは破壊されてしまいます。この酵素を抑制する働きがあるのがクララ根エキスです!また、男性ホルモンを抑制する効果もあり、抑毛成分としても注目です。

アラントイン

19世紀ごろに牛の羊膜の分泌液から発見されて成分です。医薬品(マキロン・ボラギノールなど)に配合されることが多く、肌の修復を促します。かたつむりを原料とした美容クリームやパックなどが話題になりましたが、かたつむりの粘液の中にもアラントインが含まれています。かたつむりの飼育中にできた傷がすぐに癒えることが南米で注目されアラントインが含有されていることが発見されました。

アーチチョーク葉エキス

毛穴のトラブルや老化原因とされるタンパク質【 NF k B 】 (エヌエフカッパービー)の過剰な働きを抑制することから、毛穴のエイジングケアと呼ばれ、注目を浴びている成分です。NFk B は転写因子の1つで、紫外線ダメージやその他の刺激で身体や肌に炎症が起きた場合、活性化します。これは身を守ろうとする免疫の働きですが、過剰に発現すれば肌に悪影響を及ぼします。逆を言えば、NF k B を抑制することによって肌の老化を予防することができます。

マグワ根皮エキス

体毛は男性ホルモンと還元酵素5αリダクターゼが結びつき発毛します。この還元酵素5αリダクターゼの活動を抑える働きがマグワ根皮エキスにあり抑毛効果が期待できます。また、ビタミン、ポリフェノール、アントシアニンなどの強い抗酸化作用を持つ成分を豊富に含んでいます。

ビルベリー葉エキス

ビルベリーは北欧の森に自生するブルーベリーの仲間です。ポリフェノールをたっぷりと含み、強い抗酸化作用を持っているのが特徴です。肌トラブルを発生させる酵素(コラゲナーゼやエラスターゼ)を阻害する働きがあるといわれ、真皮内のコラーゲンやエラスチンを保護し、しわやたるみなどを抑制する効果が期待できます。

ローズマリー葉エキス

シソ科の常緑低木で独特の芳香を持ち、抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用、血流促進作用、メラニン生成抑制作用などがあります。シソ科植物には強い抗酸化がみられ、その中でもローズマリーとセージの抗酸化は極めて優れていることがわかっています。14世紀にハンガリーの王女エリザベートは、ローズマリーを蒸留して作るハンガリー水を日夜使用して 70 歳もの高齢になってから若々しさを取り戻し、ポーランド国王から結婚を申し込まれたという逸話があります。

予約専用ダイヤル

完全予約制080−4022−0375営業時間13:00〜23:00(最終受付21:00)/不定休

↑タップで電話できます。

リピーター様に限りLINEでのご予約が可能です。
LINE ID @ezf5180r
初来店のお客様は、サロンより数点質問事項が御座います為お電話予約のご協力をお願いします。

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ